FC2ブログ

百名山 那須岳(茶臼岳・三本槍岳・朝日岳)を縦走してきた。

文責:Takahiro Mukoshiba




はい、百名山 4座目です。
今回は4座目にして初の縦走を行いました。ソロで。

縦走っていうのは、山から山へと歩き連ねていくことです。
稜線(尾根)を歩けるので、眺望が楽しめそう。


尾根歩きたい、尾根歩きたい、稜線見てみたい!



そんな昂りから選んだ山が那須岳です。
那須岳は栃木県と福島県の県境にある連峰でして、
主に、茶臼岳・朝日岳・三本槍岳からなっています。



今回は茶臼岳に準備運動がてら登って、その後一旦、朝日岳を通り越して三本槍岳を目指す。
帰りに朝日岳に登って下山というルートを試みました。




いやもうね、人、めっちゃいた。




前回の日光白根山(菅沼口)からすると雲泥の差。
早朝6時に登山口駐車場に着いたのにもうすでに満車・・・。

恐るべし、那須岳。



・・・


那須岳



これは茶臼岳からの眺望。上に分厚い雲が敷き詰められているけれど、景色は抜群。
今から、この山を登りに行くぞ!っていう意気込みを込めて。
写真右手に見える、赤茶けたところ辺りが朝日岳の肩です。


と、遠い・・・。




でも意外とコースは楽チンでした。

積雪期や天候によっては崖から落ちて死ぬような箇所もあった けれど、
曇天なら全然余裕。小さいお子さんもいたしね。



朝日岳の肩から三本槍岳(那須岳の最高峰)の手前までは、ほとんとハイキングみたいな感じ。
最後にちょっと登りがあるくらいだったかな。





そして、三本槍岳からの帰りに朝日岳に登頂。


那須岳


朝日岳の頂上から見る茶臼岳が圧巻で!!

まだ雲は残っているけど、これはもう良いでしょ!



稜線もバッチリ写真に収められたし、
いい登山でした。





初めて縦走してみてわかったけど、
山を見ながら登山できるのって良いわ。

独立峰だと登っている山以外に周りに風光明媚な山がないわけ。
沼とか湖があれば楽しめるかもしれないけど。



縦走ともなると、
次に登る山や、さっき自分がいた山が眼前に見れて、
その軌跡がわかるのが達成感に直結する。



やめられない!




にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
スポンサーサイト



ソロ登山二回目の僕が装備を晒してみる。

文責:Takahiro Mukoshiba




富士山を友人と登り、登山に目覚めた僕はその後、男体山・日光白根山とソロ登山を二度ほど行いました。

ええ、昔から一人遊びは得意でしたとも。


そんな僕が現在の装備を晒してみることにします。
ソロ登山を試みている方々の参考になればと思います。


ソロ登山装備



どどん。

こんな感じです。
富士山の時の装備は以前晒しましたが、その時と比べて少し変わっています。



新たに加えた山ギアは食事関係です。

行動食だけでなく、山頂でカップラーメンを食べて、食後にコーヒーも飲みたかったので、
PRIMUSのガスストーブP-153とmont-bellのアルパインクッカーを導入しました。

P-153の火力は抜群で、お湯なんてすぐに沸いちゃいます。


   


山頂でのカップラーメンは異常に美味しかったです。
箸は割り箸だし、コーヒーはインスタントですけど、なかなか非日常で食べると美味しく感じちゃいますね。







そして、一番性能を実感できたものは刷新したベースレイヤーとミドルレイヤーですね。

ベースレイヤーは言わずと知れたpatagoniaのキャプリーンLWを、ミドルレイヤーにはMAMMUTのドライシャツを導入しました。
両方とも速乾性が売りのアイテム。

わたくし、こういった速乾性のものって身につけたことがなくてよ?
ていうか、あんまり信じていなかったのよね、速乾性って。






あ・・・ありのまま起こったことを話すぜ。

「俺は汗をかいたと思ったら、いつの間にか、汗が乾いていた!!」


何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何が起きたのかわからなかった・・・。




もうね、ほんと、世界観が変わるよ!速乾性!
登山しているとビショビショになるほど汗をかくんですけど、いつの間にか乾いているんですよねー。
不快感を感じる暇もないよ!


速乾性にはまっちゃいそう。いや、マジで。

ちなみにフェイスタオルもmont-bellの速乾性のものにしました。
あんまり出番がなかったので、効果は実感できませんでしたが。


それと忘れちゃいけないのが、
SmartWoolの靴下です。これ、すっごいふかふか。


だけどその実力を十二分に感じられるのは脱いだ時。

え?地面ってこんなに固いっけ??

そう感じてしまうほどです。


   


登山には必須の地図。
山と高原地図が有名ですね。
これをコピーしてISUKAのドライマップケースに入れて持ち歩いています。
防水だし、くるくるっと巻いてマジックテープで止めることができます。
これをリュックのサイドポケットに突っ込んでいけば、いつでも手軽にすっと取り出せて便利。


 



現時点での装備はこんなところです。
次の登山へ向けて、
「別冊PEAKS 最新登山ギアガイド2016」をニヤニヤしながら読んでいる日々が続いております。






にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ

百名山 日光白根山(菅沼口)で写真を撮ってきた。

文責:Takahiro Mukoshiba



日光白根山



先日の富士登山から、ふつふつと登山ブームが僕の中で高まっておりまして。
今回の日光白根山で三座目になります。

まだ記事にはしていないのでが、
富士山 → 霊峰男体山 → 日光白根山、と百名山をバカでかい一眼レフを持って登っております。

友達がいないので、もちろんソロ登山なのですが。




日光白根山は栃木県と群馬県の県境にあります。
人気ルートは丸沼高原ルート で、ロープウェイもあるので、お子様達でも楽しめるコースみたいです。

湯元からは前白根山、日光白根山と縦走していくヘビーなルートもあります。





僕は菅沼口から登って行きました。
早朝7:00に駐車場に着きましたが、車は5台くらいあったのみで、なかなかマニアックなルートなのでしょうか??


携帯の電波?なにそれおいしいの?


菅沼口は全く携帯の電波は入りませんでした。まじかよ!

駐車場の管理人さんに電波の状況を聞いたところ、
頂上までずっと電波入らないそうです。


三座目のクソど素人なのに、結構ガチな山をチョイスしてしまったなぁ。よよよ。


登山届けをちゃんと提出して登山開始。
ソロ登山なので、モンベルの野あそび保険にも加入しました。
万が一遭難しても費用が保険でおります。



ソロ登山は入念な準備の元、行いましょう。地図も必携です。



菅沼口の前半戦は深い樹林帯をひたすら登っていきます。


日光白根山登山


日光白根山登山



自然が優しく、人間を迎え入れてくれます。


日光白根山登山


上の写真、どこかに動物が隠れていますので、探してみてください。
簡単ですけど・・・。


日光白根山登山


雄大な大自然でも、人間が登り詰めた形跡は如実に残っているものでして、
階段に作られた手すりもは何回も人間がその部分だけ触っているせいで、光沢を帯びるほど、艶やかになっていました。
まるでやすりがけを施したよう。


樹林帯を抜けると弥陀が池が待っています。
ここからが後半戦といったところ。


日光白根山 弥陀が池


弥陀が池から先は急登が続きます。
ひたすらガレ場を登っていくと、いよいよ頂上に着きます。

北関東では一番高い標高を誇る日光白根山。
その頂上から眺める景色は最高です。眼下に広がる五色沼の鮮やかさ。


日光白根山 五色沼


コバルトブルーからエメラルドグリーンへとグラデーションしていく様はまさに大自然の芸術。
ガスってしまったのが少し残念でしたが、これでもしばらく待って晴れ間を狙ったほう。



非日常的な世界とソロ登山ならではの自己との対面。
すごく、癒されます。



登山とは誰かのルートをなぞるものではないと、どこかの記事で読みました。
ネット社会なので、菅沼口のルートも調べれば、事細かに写真付きで出てきたりもします。
しかし、必要以上に調べすぎることは禁物のようです。
全てを調べてから登っていくのでは視野が定まってしまい、新たな発見や驚きに対して鈍化してしまいます。

なので、このブログでも登山記録的な写真はあえて掲載しておりません。



安全を確保するために、入念な準備は必要ですが、やり過ぎないようにしましょう。






ちなみに頂上は携帯の電波、入りました。



これからの時期は木々も色めき立つので、
写真を撮りに、山に登ってみてはいかがでしょうか。





にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ

大洗磯前神社にて星景写真を撮る。

文責:撮影記録




昨日の戦場ヶ原に続き、新月の今日は大洗磯前神社に天の川を狙いに行きました。
海に佇む鳥居と天の川を写したくて。


ロケハンをしていないぶっつけ本番的な撮影になったのですが、

天の川が立つであろう南の空には生憎、雲がかかり、
ネット調べでわかってはいましたが、南の方の光害が思いの外ひどくて、
雲がなくても天の川は見られなかったであろう結果。



大洗磯前神社






天の川が、もうちょっと東よりの空に横たわる時期、時間帯を狙わないと
大洗磯前神社では撮れないんじゃなかろうか。



天の川 1勝2敗。





ちなみに、
大洗のガソリンスタンドはどこも21時で営業を終了してしまうようなので注意!

僕もガソリンがないことはわかっていたのですが、
ガソリンスタンドを二軒見つけていたので、帰りに給油して帰ろうとしたところ、
営業終了していて、遭難しかけました・・・。


余裕をもった給油をしましょう。

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ

戦場ヶ原にて天の川撮影に成功。

文責:撮影記録




ようやく、天の川の撮影のリベンジを果たすことができました。

岩手の方で甚大な被害をもたらした台風10号も過ぎ去り、
各地で見事な晴天となった本日。

月もほぼ新月になっており、
また夏の天の川は立ち上がるのが比較的早い時間帯ともあって、
絶好の撮影日和でした。



天気と月齢と時間帯とこの3つが合わさるベストな日っていうと、
なかなか巡り会えることが少なくて。

それに光害の少ない場所って結構な山奥とか行かないとないし。




そんなベストな日か知ってか、
戦場ヶ原の三本松駐車場には大勢の人々が集まりました。

マジでバズーカみたいな望遠鏡を持ってきている人、
赤道儀をつけたガチ三脚を持ってきている人、
シュラフに身を包んで寝っ転がりながら星空を見ている人、
若いカップルなど。




こんな満天の星空、初めて見ました。
ていうか、肉眼で天の川が見れるなんて思いもしなかったなぁ。
幸せ。


戦場ヶ原 天の川

f/4.2 ISO 2,000 20sec

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ